百幸.com(ももこう) - 百瀬直也とファミリーの総合サイト

ノンフィクションライター、不可思議研究家、地震前兆研究家の百瀬直也と家族による総合サイト

スポンサード リンク

ランサーズ、クラウドワークス、ビザスクに登録した~フリーランスや主婦の在宅収入源


f:id:nmomose:20171215165554j:plain
 

この1週間ほどで、ランサーズ、クラウドワークス、ビザスクという3つのサービスに登録した。
これらは、いわゆる「クラウドソーシング」というシステムのWebサイトだ。


そもそも、クラウドソーシングとは何者か?
英語ではcrowdsourcingで、作業などを人にお願いしたい企業や個人がサイト上で募集して、必要とするサービス、アイデア、コンテンツなどを取得するというもの。


(Web)ライター、エンジニア、デザイナーなど様々な仕事が可能なフリーランサーなどが登録し、仕事を探すことができる。
あるいは、仕事を募集している人から声がかかる。
完全なプロフェッショナル向けの仕事だけでなく、主婦の内職的な仕事も登録される。


この3つのシステムは、リクルートやバイト探しのサイトと異なり、1案件(1作業)単位で発注される。
この手のサイトで最も知られるのは、ランサーズとクラウドワークスだ。
ビザスクの場合は、ちょっと形式が異なり、スポットコンサルに特化したクラウドソーシング的なものだ。
スポットコンサルが可能な人を企業が応募、適した人にお願いする。

なぜクラウドソーシングか?

私は、今後派遣の仕事をやめて、通常のマスコミでの執筆に加えて収入を得る道を模索する中で、これら3つのサービスに興味をもち、登録してみた。
ビザスクは先週、そしてランサーズとクラウドワークスは昨日と今日、登録してみた。

どういう人のためのもの?

たとえばWebライターの仕事も、私のようなプロフェッショナルのライター向けだけではなく、「初心者歓迎、誰でも始められます」といったキャッチフレーズ付きのものが多数ある。
ただし、こういうのはビックリするくらいに執筆単価が安い。
たとえば、1文字0.3円とか。


こういうのは、キュレーションサイトとか個人レベルに毛が生えたメディアだとか、色々あるようだ。
こういう単価は、そのサイトの全体の設けから割り算しているだろうから、その値でだいたいそこの懐具合がわかる。


たとえば1文字1円だと、1000文字の記事を書いて千円。
さすがにそれ以下のものは、応募しようと思わない。
それでも、そのような案件が成り立っているのは、もちろん、そういうショボい仕事も引き受ける人がたくさんいるからだろう。


たとえば、ちょっと手軽に仕事をしたいという専業主婦とか。
小さい子供がいるけれど、保育園が空いていなくて仕事に出られないという人にも、探せばニーズがあるかも。
本当に内職的な、たとえばシール貼りといった自宅で手軽にできる仕事もたくさんある。

ランサーズとクラウドワークス

ランサーズとクラウドワークスは、両方とも日本最大規模と謳っているが、本当の最大はランサーズの方のようだ。
私は、ライターだけでなく、25年間の元SEの経験も活かして、IT関連の業務も可能として登録している。
12/13にランサーズに登録して、翌日12/14にクラウドワークスに登録した。


両者は機能や業種などで一長一短があり、どちらが優れているかとか、仕事が多く取れるかなどは、さまざまな条件によって異なるだろう。
どちらも無料で登録できるので、このような仕事を探したい人は、両方登録しておくと良いだろう。


ランサーズについて、もっと知りたい人、登録したい人は、下記のバナーからどうぞ。


クラウドソーシング「ランサーズ」

 


クラウドワークスは、こちら。


登録直後の印象では、クラウドワークスの方が、サイト記事のライティングをやってくださいというメールがよく来るようだ。
そういう風にお願いに来るのは、大抵1文字1円以下のところが多いのだけど。
ランサーズの方は、いかにも怪しげなメールが2通ほど来ただけ。
 

ビザスク

ビザスクは、登録者数5万人の、日本最大級のスポットコンサルサイトだ。
現役のプロや企業OBが1時間単位で電話などでコンサルに応じるもの。



ランサーズやクラウドワークスの体験談ブログなどを見ると、前述のような誰でも可能なビックリ安ライティングでも、月10万稼いだとかいう例が、けっこうあるようだ。


私は、もうちょっとスキルを要するWebライティングやIT関連の仕事を探して、今の派遣の仕事をやめて全ての仕事が在宅で完結できればいいなと思っている。
今の仕事は、とにかく通勤に片道2時間弱とかかかって、もちろん電車の中でボーっとしているわけはないが、それでも時間をもっと有効に使いたいというのがある。


仕事依頼のリストを見ていると、たとえば「ベトナム在住の方のみ」とか、非常にピンポイントでレアな条件がついているものもあって、なかなかおもしろい。
何を今さらだけど、上司から怒られることもなく、自由度が高い新しい形態の働き方だろう。


お母さんたちも、ちょっと頭を働かせれば、「ニホンシネ」とか言わずに済むようになるかもしれない。
今後、私が実際に仕事を取れたならば、許される範囲内で紹介したい。


ランサーズで始める! あなたの「特技」をお金に変える本 [ランサーズ公式ガイド]

ランサーズで始める! あなたの「特技」をお金に変える本 [ランサーズ公式ガイド]




Copyright (C) 2017-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email